佐賀バルーンフェスタ2018の駐車場や場所は?営業時間もチェック

佐賀バルーンフェスタ2018年の駐車場

佐賀バルーンフェスタは毎年行われている熱気球のイベントで、規模はアジア最大級!

2018年は10月31日(水)~11月4日(日)に、佐賀県佐賀市で開催されます。

昨年は88万人以上の方が集まったほどの、九州でも大きなイベントなんです。

バルーンフェスタ中は、競技や気球教室、ライトアップされた気球など子どもから大人まで楽しめます。

今回は【佐賀バルーンフェスタ2018の駐車場や場所は?営業時間もチェック】としてお送りしますね。

佐賀県の秋の風物詩バルーンフェスタへ行かれる方は、参考にしてみて下さい。

「佐賀バルーンフェスタ2018の駐車場」場所と営業時間・料金は?

佐賀バルーンフェスタ2018年の駐車場(出典:佐賀バルーンフェスタ2018公式サイト

佐賀バルーンフェスタには、国内外からたくさんの方が訪れます。

大会の期間中は会場周辺にも多くの臨時駐車場が開設されるので、車で行く方は場所や営業時間、利用料金をしっかりチェックしておきましょう。

臨時駐車場は、合計で約4,800台以上あり、土日祝日には7,000台以上も停められるぐらい用意されるそう。

臨時駐車場の営業時間は、多くが早朝の5:00~となっています。

会場の管理上、深夜の出入りはできないので注意しましょう。

臨時駐車場の料金は、会場に一番近い「バルーン会場北駐車場」は、環境整備協力金として1,000円かかります。

他の駐車場の料金は、各駐車場の詳細で確認しておきましょう。

会場から遠い場所では、無料の駐車場も用意されています。

※2018年の詳しい周辺駐車場の情報は、まだ出ていません。

分かり次第、こちらのブログで紹介しますね。

2017年の利用可能な周辺駐車場は公式サイトにも詳しく掲載されたので、今年も活用すると良いですね。

⇒佐賀バルーンフェスタ2018公式サイト(駐車場情報)はこちら

【2017年バルーンフェスタ臨時駐車場案内】

<会場付近>
・バルーン会場北

<徒歩で会場へ>
・株式会社アステム
・嘉瀬小学校
・株式会社ロジコム

<佐賀駅からJRで会場へ>
・佐賀市役所東

<佐賀駅からJRかバスで会場へ>
・神野小学校

<バスで会場へ>
・新栄小学校
・西神の運動公園
・どんどんどんの森
・開成小学校
・八戸溝低床公園

<久保田駅からJRかで会場へ>
・KSK駐車場
・KLC駐車場

<佐賀市街>
・佐嘉神社外苑
・唐人南
・玉屋立体
・微古館
・松原セントラル駐車場
・バルーンパーキング
・大通り駐車場
・中の小路駐車場

<佐賀県内>
・吉野ケ里歴史公園

臨時駐車場は、バルーンフェスタの会場周辺だけでなく、少し遠い場所にもできることがあります。

2018年の今年は、吉野ケ里歴史公園北側臨時の駐車場が開設されるようです。

この臨時駐車場からは、JR神埼駅まで無料のシャトルバスが運行します。

JR神埼駅からは、会場まで徒歩0分の臨時駅「JRバルーンさが駅」まで、「バルーンさが周遊きっぷ」で行くのがオススメですよ。

「佐賀バルーンフェスタ2018」駐車場での注意点

佐賀バルーンフェスタでは、かなり広い駐車場もあります。

嘉瀬川河川敷などは広大な駐車場なので、渋滞はしても駐車はできる状態です。

多くの車を駐車できるので便利なのですが、注意する点もあるんですよね。

それが「自分の車の場所を覚えておく」ことです。

あまりに広い駐車場なので、車の場所が分からなくなって1時間以上も探してさまよった方も・・。

夜間のライトアップイベントの日は、特に周りが見え辛く車の位置が分かりにくくなります。

警備員さんは駐車場にいますが、もちろん聞いても分からないでしょう。

駐車場の場所から見える物を、スマホやカメラで撮影しておくなどの対策をしておくと安心ですね。

スマホのカーナビやアプリの中には駐車場所が記録できる物もあります。

いざという時のために、準備しておくと良いですね。

「佐賀バルーンフェスタ2018」シャトルバス情報

佐賀インターナショナルバルーンフェスタの期間中は、佐賀市内の臨時駐車場から会場までのシャトルバスが運行されます。

バルーン会場に一番近い「北駐車場」よりも競技エリアに近いシャトルバス乗り場まで行ってくれるので、とても便利なんですよ。

ほかにも、佐賀市内のサテライト会場や協力駐車場と、佐賀バルーン会場を行き来する100円バスも運行予定です。

シャトルバスの運行時間は、公式サイトで詳しく掲載されるのでこちらもチェックしておきましょう。

運行期間は決まっているので、しっかり調べておくと良いですね。

⇒バルーンフェスのシャトルバス情報はこちら

「佐賀バルーンフェスタ2018」混雑や渋滞情報もチェック

佐賀県で行われるバルーンフェスタ2018では、会場に一番近い北駐車場の混雑が予想されます。

特に土日祝は利用者が増えるので、周辺の道路も渋滞することでしょう。

バルーン会場北駐車場の入口は、国道34号線の嘉瀬大橋のみ(河川敷会場北側)になるので、国道207号線の嘉瀬橋(河川敷会場南側)からは入れないので注意しましょう。

また会場周辺の一部の道路は交通協力区域として、一般車両が通行止めになり交通規制となります。

【佐賀バルーンフェスタ2018】開催場所とアクセス

住所:佐賀県佐賀市鍋島町森田 嘉瀬川周辺
電話番号:0952-29-9000(熱気球大会佐賀運営委員会)
営業時間:7時~20時
料金:無料
アクセス/車:長崎道佐賀大和ICより12分
電車:JRバルーンさが駅(臨時)よりすぐ
駐車場/4800台、土日祝7000台
公式サイト:http://www.sibf.jp/

まとめ

今回は「佐賀バルーンフェスタ2018の駐車場や場所は?営業時間もチェック」としてお送りしました。

アジア最大級の熱気球の大会であるバルーンフェスタは、毎年国内外からの観光客で人気のレジャースポットです。

車で行かれる方はあらかじめ駐車場の場所や料金、営業時間をしっかりと確認しておくと、スムーズにバルーンフェスタを楽しめますよ。

バルーンフェスタ2018年の会場周辺では交通規制も行われますので、事前に情報をチェックしておくと安心ですね。