ゆうちょ銀行の通帳「ATMで読み込みエラー!?」原因と対策まとめ

ゆうちょ銀行,通帳,ATM,エラー,読み込まない,磁気不良

この記事では、ゆうちょ銀行の通帳が「ATMで読み込みエラーになってしまった時の対処法や原因」についてまとめています。

最近は不正引き出しなどの問題で記帳したい人も多いと思います。

ゆうちょ銀行の通帳エラーが起こった場合は、まずは郵便局の窓口へ行きましょう!

エラーを解除してもらうことができますよ。

ゆうちょ銀行「通帳を読み込まない」のは磁気不良だった!

ゆうちょ銀行の通帳をATMに入れても、「向きを確認して下さい。」のような文字のエラーが出て通帳を読み込まない事がありました。

何度か試しても同じで、結局通帳は使えなかったんです。

エラーになった通帳を持って近くの郵便局へ行き、窓口で説明。

通帳に付いている磁気を調べてくれました。

結果は、「磁気不良」と言うことで、磁気テープを新しいものに交換してくれましたよ。

窓口は混んでいなかったので、5分ほどで済みました。

印鑑も必要ありません。

通帳は、今まで使っていた物のままです。

【通帳の磁気不良】主な2つの原因

 

磁気不良の原因を、郵便局員の方に聞いてみると

  1. 他の銀行などの通帳と重ねて保管していた。
  2. ゆうちょ銀行の通帳に、磁石などを近づけた。

この2点が主な原因なんですって!

ゆうちょ銀行の通帳は、他銀行の通帳よりも磁気テープが細いんだそう。

その分、磁気が弱くなってしまうそうです。

磁気テープどうしが擦れることで、磁気が弱い方のゆうちょ銀行の通帳が、磁気不良になるんですね‥。

磁石については、カバンやスマホケースのマグネットが要注意だとか!

私の場合はまさしくコレで、カバンとスマホケースの両方に、マグネットがありました。

通帳は記帳することが多いので、カバンに入れている事が多かったのも原因かもしれません。

通帳を作った時にも貰った、半透明のケースをもう1つくれたので、しっかり入れておこうと思います。

通帳の管理は、思った以上に気を付けないですね。

通帳の磁気不良「対策方法」をチェック!

通帳の磁気不良は、磁気テープの不具合でエラーになります。

通帳が複数枚ある時は、磁気テープが重ならないように、保管することが大切なんですね。

磁気防止の通帳&カードケースが便利♪

通帳やカードを磁気から守ってくれる、専用のケースもあります。

いざという時に使えないのは、本当に恐ろしいこと・・。

こんなケースがある事すら知らなかったので、1つあると安心ですね。

ちなみに、近くのショッピングモールでは、この磁気防止ケースは見つかりませんでした。

ネットだとレアな商品もすぐ見つかって、すぐ届くのが嬉しいですよね。

▼磁気シールド通帳ケース 通帳&カード対応▼

色んなタイプのケースがありますよ。

デザイン性の高いものも人気のようですね。

 

▼スキミング防止カードケース▼

磁気を遮断してくれる、カード用のケースもあります。

これなら、銀行カードだけでなく、クレジットカードにも使えますね。

スキミングの防止にもなります。

 

 

ゆうちょ銀行の通帳がエラーになる時は郵便局へ!

いきなりゆうちょ銀行の通帳が使えなくて、本当にどうしようかと思いました‥。

ショッピングモールのATMだった事もあり、すぐに郵便局の窓口へ行けなかったのも不安でしたね。

結局、磁気テープの貼り替えだけで済みましたが、保管方法は気を付けよう、と心に決めました。

今は、スマホケースにマグネットが付いている物も多いので、一緒にカバンに入れる時は要注意です。

みなさんも磁気保護ケースなどを使って、大切に保管してくださいね。

スポンサーリンク